逃すまい

 

 

11/6

「その時」を大事にすることができているか。この瞬間の大切さを感じることが多いです。秋の実りの季節にかけて“旬”という表現もいいかもしれません。物事を急ぐとか即断即決とか流行を追うとかそういうことではなくて物事にはタイミングがあるということだと思います。早すぎても遅すぎてもダメ。自分にとっての「その時」を逃してはいけないのでしょう。自分の中で価値観も気持ちも能力だって身体的にだって今このときと同じときは二度とはこない。ここだ!と思ったときを恐れずに自信をもって押さえることができるかということです。昨日の私は今日にとっては時代遅れで、明日の私は今日には未熟すぎる。自分自身の手で「今」を選びとることが「その時」を逃さずにフレッシュな人生を駆け抜ける方法だとは思いませんか。今だからやらなくてはいけないこと、やってはいけないこと、そしてやってほしいこと。