p-line-beauty column


らしさ、きっかけを

 

 

11/12

自分らしさとは何でしょう?性格、見た目、好み、人からの印象。いろいろあるかもしれませんが自分らしさが何かなんて考えないかもしれないし、感じる必要もないのかもしれません。ただ、最高に楽しくて最高に自分自身が自由になったと感じられるそんな瞬間は自分らしさをとても身近に感じられるように思います。普段は流れゆく毎日の中で手に取る時間もなかった「自分らしさ」をふと手に取る。たったそれだけの経験でさえも自分でつかみ取った財産だと思うのです。それくらい自分らしさっていうものを知らないのと知っていることの違いは大きいように思います。今までとは違った世界の見え方ができるのは自分らしさを受け入れられたから。自分が何者なのかという永遠の全人類のテーマに向かっている私たちが導き出せる答えは、一人一人が自分で見つけるしかないものですが案外ふとしたきっかけで手元に覚知できるものなのかもしれませんね。その時に垣間見える最高の笑顔が、あなたは何者でもない「あなた」ということを教えてくれている気がします。自分らしさを手に取るきっかけをぜひ見つけてください。



最前線で突き進め

 

 

11/6

魅力的な人や憧れるものに対して突き進む。その先に見えた答えは驚くようなことかもしれません。思っていた答えと違う。でも、えーっ!!?というその驚きが次へ繋がる足掛かりになるはずです。すべてが予測できるようなものは自分の一線を乗り越えてないってことでしょうから何にも生まれない。「!!!」とか「!!?」とかがあるからいい。知的好奇心をくすぐってくれる最前線に常にいることがプライスレス。自分最前線にいるからワクワクもするし、目もキラキラさせることができるってもんじゃないでしょうか。アプリで修正するキラキラで素敵な自分より、自分にわくわくするリアルなキラキラが我々には必要です。修正いらずの私たちってもんでしょう。